FC2ブログ

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践中のロングブレスについて 

おはようございます( ゚∀゚)ノ
あまりにも有名なので説明を省いてしまいましたが、
今回は美木良介さん発案のロングブレスダイエットについて少しご説明したいと思います。

美木良介(wikipedia参照)
歩行することさえ困難なほど悪化した持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。
結果、腰痛は完治し、わずか2ヶ月で13.5kgの減量に成功。
さらに体脂肪率測定で6.6%という驚異的な数値を計測した。
この経験をもとにDVD・書籍を刊行。各メディアで大きく取り上げられた。
その他、ダイエット特集などの番組に出演する機会が増え、ロングブレスダイエットの方法を伝授している。

ロングブレスダイエット法

【美木良介式必ずやせる「ロングブレス」ダイエット法】
A:3秒で鼻から息を吸い、7秒で口から吐きます。
※おしりを締めるために、少し左足を出した姿勢にします。おしりにえくぼができるくらい。
※息を吐く時に体全体に力を入れます。(太もも・おしり・お腹まわり・胸・腕)
※3秒+7秒を計6回(1分間)行います。

B:息を吸う時も吐くときも常に丹田を引っ込めるイメージで行います。
※3秒+7秒を計6回(1分間)行います。

※おしりを締めるために、一度背伸びをして戻します。

以上が基本動作です。息を吐き出す秒数は慣れてくればいくら長くてもかまわないようです。

(必ず息を吐き出す際にはお腹をへこませた状態を意識して吐き出して下さい。)


ロングブレスダイエットの魅力


・通常鍛えづらい深層筋肉を鍛えることができますので
リバウンドしにくい健康な身体を築いていくことができます。

一日5分で良い。
 一日ほんの5分でも、大切なのは毎日欠かさず長い間続けることの方が大事。
 5分のエクササイズ後20分程度のウォーキングもつければ完璧!!

・時間帯を気にせず取り組める
 ロングブレスダイエットは、朝起きてすぐにエクササイズを行い、
 それからウォーキングにでるのが理想です。
 (朝のトレーニングは代謝を上げて、脂肪燃焼しやすくする効果があるため。)

 一方、夜寝る前に実践しても、
 寝ている間に筋肉が育ち、筋肉がつきやすくなる効果もあるし、熟睡しやすくなるため効果的。



実践してみておっさんの感想ですが、
まだ慣れていないので、時間をかけてやっている影響もあるかもしれませんが
終了後は身体がとてもポカポカしてきます。

基本だけでもおっさんにはきつく感じましたが、継続していく価値はあるものだと実感いたしました。

ロングブレスにはウォーキング中の呼吸法もあります。
おっさんはジョギングのつなぎと、早朝ウォーキングで実践していますがまだ慣れません(;´∀`)

方法はとても簡単。
左右のバランスを均等にし、お腹のへこみを感じながら
4歩で鼻から息を吸って、4歩で口から吐き出す。以上です。

単純な作業ですがこれがまた難しい。
呼吸がいつもと変わるだけでここまで苦しいとは……

あとは慣れていくしかないですね(;´A`)


長くなりましたが以上がロングブレスダイエットの概要です。
これらはあくまで基本動作でテレビでも紹介された内容だったので今回ブログに載せさせていただきました。
本にはまだまだ色々な部分強化エクササイズが載っています。

機会があればそちらの方も少しずつご紹介していこうと思います。

では、おっさんでした( ・ω・) ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuto0628.blog.fc2.com/tb.php/33-f6e2194f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。